【髪質改善】

ブログを見たいただきありがとうございます。

今回は髪質改善とは?についてです。

髪質改善とトリートメントの違いは簡単に言いますと予防と治療の違いです。細かくお話しすると難しくなるので簡単にご説明いたします。

1、トリートメント

トリートメントは良く昔から聞いたことがあると思います。トリートメントも髪質改善も髪の中に入っていくものです。ですが、考え方としてはトリートメントは今の状態から痛ませないように髪の毛を強化していくものと考えてもらえるといいかもしれません。

髪の毛が痛んでない状態になることはできます。ですが髪の毛はいちど痛んでしまうと痛んでない健康な髪に戻ることはありません。ですので髪の毛を痛ませないようにするためにもトリートメントをしたほうが髪に状態はいい状態でカラーや縮毛矯正などができると思います。

2、髪質改善

髪質改善はその名のとおりになりますが髪質を改善していきます。髪質を改善?どんな感じ?とおもう方もいると思います。髪質で艶のない方、今までうねりがなかったのに出てきた方、髪がダメージで大変になり艶がなくなってきた方など、髪質が扱いにくく艶のない方などにおすすめです。

髪質改善の考え方で言いますと髪の表面でけではなく髪の中からしっかりと必要な栄養を入れ込み、保湿をしていき髪に艶を与えていきます。

トリートメントの時にも説明しましたが髪の毛は引き算でできていまして、健康な生えてきた髪の毛をいい状態でいくのが一番いい状態なのですが、なかなかいろいろな施術をしていきますとダメージも出てきます。トリートメントでは出にくい艶などを出して言ってりする場合には髪質改善がいいと思います。

 

最後にトリートメントも髪質改善も一度で完全に治ると思っている方がおおいいと思われます。ですが二つとも1日ではよくなりません。例えると、スポーツジムに1日行って100キロある体重を50キロに1日でしてくださいと言っているのと同じようなことなのです。毎日食事をして、運動をせずに過ごして何日も積み重ねてきた体重を1日の運動で落としていくのと同じようなことなのです。髪の毛も、毎日、シャンプー、ドライヤーやヘアーアイロン、セット剤やヘアーセット(逆毛や編み込み)などをし、美容室などで痛んだ髪の毛を、1日で治してほしいのと同じようなことです。

ですので、髪の毛は何度か髪質改善もしていかないと効果が感じられません。そして、髪質改善やカラーリングも同じですが、髪の中に色やたんぱく質、栄養が完全に抜けきってから来店される方がいらっしゃいます。髪の中に何もなくなってしまった場合はまた初めからとなってしまいます。ですので回数を重ねてできるだけ早めに来られることをお勧めいたします。

 

髪の毛をきれいに保つことはなかなか簡単ではございませんが、きれいな髪になった時のことを想像してみてください。今以上に気分も変わりまた明日からもお仕事や子育てにも力が入れられると思います。

ぜひ一度体験してみませんか?

PS・リーブルのLINEを登録していただきますと、髪の毛にいいシャンプーの仕方動画を無料でプレゼントをしておりますので、ぜひこの機会に下のLINE予約を押して登録をして正しいシャンプーで髪の毛をきれいにしてみませんか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA