カラーリングや白髪染めについてのQ&A

カラーリングで痛みにくい方法はありますか?


カラーリングをする場合に過酸化水素というものを使います。

その過酸化水素はシャンプーやお湯で流しただけではなかなか取れません。何もしないと最低でも3週間は髪に残った状態となっております。そこで過酸化水素を除去するものが必要となってきます。

リーブルではカラーリングをした後には、過酸化水素除去をして終わります。

これをすることにより髪の状態をより良い状態で終わることができます。

アルカリも同じです。

アルカリもただ流しただけ、シャンプーしただけではなくなりません。ですのでちゃんとアルカリ除去をしていかなければなりません。

このことをなどをふまえ、カラーリングをしていかなければなりません。

この悪いものを除去することによりカラーリングの持ちや手触りが格段に変わってきます。これをご自宅ではできませんよね?タダでさえ市販のカラー材はアルカリが強い状態となっております。これはご自宅のほうがより髪に残してはいけません。

リーブルでは過酸化水素、アルカリを除去していきますので、髪の毛のいい状態を少しでも長持ちさせていけると思います。

縮毛矯正、髪質改善は得意ではありますが、髪の毛をいい状態で保つことに対しては髪の毛をよくするということに対してリーブルでは心がけております。

カラーリングでのご来店でもお待ちしております。

 

カラーリングはどのようになってるの?


 

カラーリング、よくお客様はカラーの色がとれることを“色が剥げる”と言われます。

美容師さんからすると“色が抜ける”です。

ここで美容師さんとお客様との誤差がうまれています。

1、色が剥げる

お客様の多くは色が剥げると思っている方が多いかもしれません。

お客様のイメージは髪の周りに色の膜がついているイメージの方が多いいと思います。

しかし違うのです。

2、カラーリングとは?

カラーリングは、髪の中に黒いメラニンという玉がありその球を取り除くことをブリーチといい、

ブリーチをすると、黒い球が出てしまったところに穴が空いています。

その空いた空洞に色素(色味)を入れていきます。

それを同時に行っているのがカラーリングです。

そして、おしゃれカラー(ファッションカラー)と白髪染めはまた違います。

3、おしゃれ染め(ファッションカラー)とは?

おしゃれ染めは、基本的には白髪のない方がよくされます。白髪には色味は多少入るかもしれません。

4、白髪染め(グレーカラー)とは?

白髪染めはその名の通り白髪を染めていきます。白髪というのは髪の中にあるメラニン色素が何らかの異常によって色素がなくなって生えてきたもののことを白髪といいます。

白髪はいわば色の何も入ってない筒のようなものです。その筒におしゃれ染めのように色を入れると色しか入ってっくれません。

そこで必要なのが地毛に近いブラウン(茶色)の色素です。そのブラウンベースが加わることによって、白髪に色味とブラウンベースが入ることにより白髪が他の暗い色素と同じように染まってくれます。

 

 

髪の悩みをリーブルでご相談してみませんか?


美容室にいってみたときに聞きたいけど聞きにくい、聞きたかったことを美容室に着いたときに忘れてしまった、など

髪のことで悩んだりしたことを美容室リーブルで聞いてみませんか?

お手軽にリーブルで聞いてみませんか?

お気軽にラインからご相談ください。

登録をしていただきましたら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA