トリートメントや髪質改善ついてのQ&A

自宅でのトリートメントはどのような効果があるの?


自宅でするトリートメント本当に意味があるの?と思う方もいると思います。

意味ないことはありません。しかし、目的が違う方もいます。

トリートメントとは美容室でするトリートメントは髪の中を補修していくことを目的としています。

髪の中をよくしていった場合どのようになるのか?

パーマの持ちがよくなる、カラーの色持ちがよくなる、パサつきが落ち着くなど・・・・

しかし、お客様がよく思うこと、それは手触りでトリートメントがきいているのかを判断します。

それが悪いわけではありません。実際にはそこしか判断するところがないのは事実です。

ですが髪に何らかのコーティングなどの被膜をすれば髪の毛の手触りは良くなります。

ですが髪のなかは良くなっているのかとはまた別になります。

 

トリートメントと髪質改善の違いはなんですか?


最近、世の中で髪質改善という言葉を聞くことが多くなりました。

では髪質改善とトリートメントはどのように違いがあるのか?

簡単にご説明していきます。

まず、トリートメントは今までよくしてきたかたもいらっしゃるとおもいます。

トリートメントは濡れた髪の毛に栄養を入れていき、髪の栄養補給をしていく感じになります。

ハリコシを髪に与えてくれます。

髪質改善はトリートメントと似てはいますが、栄養補給は同じ感じですが、持続性がトリートメントよりも

あるものとなります。

髪質改善をするとトリートメントよりも艶や、ハリコシが出てくれます。

髪質改善をするメリットはなんですか?


髪質改善が今よく聞かれますが、髪質改善をするメリットは何なのでしょうか?

髪質改善を万能な、なんでも直してくれるものと思っている方もいるかもしれませんが、髪質改善も万能なものではありません。

髪質改善は髪の毛の中に栄養を入れていくものですべての髪質の方が重いとうりの髪になるものではありません。

髪質改善は艶や痛んだ髪に栄養を入れて髪の毛の状態を少しでも扱いやすい状態にしていくもので極度にいたんだ買いの毛をもとの状態に戻していくのは難しいです。

ですので難しくなる前に少しでも髪に痛ませずに髪を施術できたらいいと思います。

髪質改善はどのようなメリットがありますか?


髪質改善あhトリートメントとの大きく違いは持続性の違いが大きくあるかと思います。

トリートメントの場合基本的にはトリートメントをもみこんで仕上げとなります。それが悪いわけではないのですが、髪質改善の場合は最後にアイロンで髪の中に定着をさせていきます。

そうすることによって持続性が増していき髪からの流出が遅くなります。

 


髪の悩みをリーブルでご相談してみませんか?


美容室にいってみたときに聞きたいけど聞きにくい、聞きたかったことを美容室に着いたときに忘れてしまった、など

髪のことで悩んだりしたことを美容室リーブルで聞いてみませんか?

お手軽にリーブルで聞いてみませんか?

お気軽にラインからご相談ください。

登録をしていただきましたら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA