カラーリングの仕組み2

ブログを見ていただきありがとうございます。

北九州の小倉南区徳力で縮毛矯正の得意な美容室リーブルです。

前回書きましたカラーリングについて、美容師とお客様との受け取り方の違いについて書きましたが、今回はおしゃれ染めと白髪染めについて書きます。

1、おしゃれ染め(ファッションカラー)とは?

おしゃれ染めは、基本的には白髪のない方がよくされます。白髪には色味は多少入るかもしれません。前回書きましたブログ、カラーリングの仕組みについてを見るとわかりやすいと思います。

白髪染めとは別物と考えていたほうがいいかもしれません。

2、白髪染め(グレーカラー)とは?

白髪染めはその名の通り白髪を染めていきます。白髪というのは髪の中にあるメラニン色素が何らかの異常によって色素がなくなって生えてきたもののことを白髪といいます。

白髪はいわば色の何も入ってない筒のようなものです。その筒におしゃれ染めのように色を入れると色しか入ってっくれません。

そこで必要なのが地毛に近いブラウン(茶色)の色素です。そのブラウンベースが加わることによって、白髪に色味とブラウンベースが入ることにより白髪が他の暗い色素と同じように染まってくれます。

ここで重要なのは、ブラウンベースのメリットデメリットは?

これはまた次回書いていきます。

ここまで見ていて抱きありがとうございます。

カラーリングの仕組み2」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA